iPhoneのWIFIの種類と対策

バナー

iPhoneのWIFIの種類と対策

iPhoneは世代によってWIFI対応が異なっています。
iPhone5以降はもっとも多い規格対応となっており、802.11a/b/g/nとほぼすべてに対応しています。


WIFIは802.11bがもっとも採用されている数が多いのですが、速度が11Mbpsということもあり、過去の機材があれば別ですが、ほぼ利用しないことが多いと言われています。ただし、もっとも電波干渉しづらく、建物を通るとも言われているので場所によっては採用せざる得ないことも多いようです。

WIFIは多数の端末が対応していますが、iPhoneの次の世代、iPhone4や4Sでは802.11nに対応しました。

802.11nは速度面で300Mbpsに対応したことで数十Mbpsの実行転送速度がでることが特徴です。

ソフトバンクの機種変更情報をお届けします。

ただし、電波干渉がし易い規格でもあるので電波の通りが悪い建物での利用や、電子レンジやレーザープリンタを多用する場合には注意が必要です。



この場合には対応ずみのルーターを利用すると接続しやすいです。

このようなルータは複数台のアンテナが採用されていることが多いです。

iPhone5以降は802.11aにも対応が進んでいます。

802.11aは5Ghz帯を利用するので他のWIFI機材と鑑賞することが少ないのが特徴ですが、通信できる距離が短いのがネックです。



主に専用のWIFI機材が用意されることが多いようです。

自宅の状況でルーターを適切に選んで行くことが大事です。